第20回ひだ荘川ふるさと祭り

新島の獅子木遣りが、10月14日に開催される20回ひだ荘川ふるさと祭りにご招待していただきました。

Pos Fm

飛騨んじいのふるさとで舞う新島の獅子木遣(にいじまのししきやり)

●荘川と新島の縁

飛騨の名主の上木甚兵衛さんは大原騒動の罪を負わされ、安永4年(1775)伊豆諸島(東京)の新島に流刑となりました。

甚兵衛さんは新島の子ども達に「読み・書き」を教え、『飛騨んじい』と慕われ、200年以上たった今でも新島小学校6年生の児童が飛騨んじいの墓守りをしています。

毎晩練習に精を出しています。

土曜日から神社宮司以下45名体制で遠征してまいります。

15日(火)朝まで不在いたしますので、ご了承下さいませ。

第20回ひだ荘川ふるさと祭り” に対して2件のコメントがあります。

  1. kumi より:

    ポスター画像お借りしました!
    いよいよですね。見たかったな~。

  2. 宮原酒造 より:

    帰って来ました。
    予想以上の来場者で、獅子木遣保存会一同大きな達成感を感じてきました。
    詳細は後ほどエントリーします。
    お母さんがいらしてましたね。あのあたりが御実家とか。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください